ジヴァ・ジャパン アーユルヴェーダ

アーユルヴェディッククッキング

バターミルクはおなかの調子を整える驚きの飲みもの

インドの人達は昼食後にバターミルクをよく飲みます。基本、塩味なので、初めて飲む人はちょっと意外感をもつかもしれません。岩塩が使われているので、最初は抵抗感をもつ人もいるでしょう。2-3回飲むと慣れてきます。私は好きです。ドクター・パルタッ...
オンライン・コンサルテーション

10月のアーユルヴェディック・オンラインカウンセリング(10/13, 10/27)

アーユルヴェーダによると、体、心、魂のすべてのレベルでバランスがとれている状態を健康と呼びます。病気とは体と心のバランスを崩した状態と定義しています。人間には本来、崩れた体と心のバランスを取り戻そうとする自然の知性が働いています。それが自...
ピックアップ

ネガティブケイパビリティとポジティブケイパビリティを併せ持つアーユルヴェーダカウンセリング

今回はちょっと聞きなれない言葉の話をします。実は私も、ある緩和ケア専門医の話からネガティブケイパビリティという言葉を知ったばかりです。 ネガティブケイパビリティは「どうにも答えが出ない事態に耐える能力」と言い換えることができます。な...
ピックアップ

精神不安による皮膚炎に対するアーユルヴェーダの取り組み

アトピー性皮膚炎が心のストレスによって症状が悪化することはよく知られています。私のかつての同僚も、イライラするとアトピー性湿疹がくっきり現われ、皮膚を掻きむしっていたものです。 インドのジヴァ・アーユルヴェーダの事例です。28歳の女...
ピックアップ

ピッタが増悪しやすい初秋にピッタをコントロールする方法

ピッタは真夏に増悪するようなイメージがありますが、実際には秋の始めに増悪しやすくなります。真夏の間に体内にこもっていた火の質が秋の始めに表面化します。私も首のまわり赤い発疹がでています。ピッタを増悪させそうな食べ物は摂っていないのですが・...
ピックアップ

要はドーシャとダートゥをどうやって滋養するかということ

確たる病気はないけれど体調が今一つすぐれない・・・ということはよく見られます。未病ですね。アーユルヴェーダファンの皆さんは健康管理に気をつけておられると思いますが、それでも体調不良はやってきます。いくら「自分はアートマン(魂)である」と思...
ピックアップ

加藤幸雄先生とアーユルヴェーダ聖典『チャラカ・サンヒター』を読む会 (毎月第1水曜日)次回は10月6日

次回のチャラカ・サンヒターを読む会は10月6日です。ジヴァ・ジャパン・アーユルヴェーダの教室でのオンサイト開催に加えて、遠方にお住まいの方々からの熱いご要望にお応えしてオンラインも併用して行うことといたします。ご参加を希望される方は、...
ピックアップ

ドクター・パルタップ・チョハンウェビナー★ダートゥとスロータスは病気の発現にどう影響するか(11/13, 11/20)

日時 11月13日(土)、11月20日(土) 時間 15時ー17時(合計4時間) アーユルヴェーダを学ぶ人が増えるにつれ、ドーシャを知っている人が増えつつあります。少なくともドーシャとは何であるかを知っている人はだいぶ増えました。 ...
アーユルヴェディッククッキング

血液を浄化しエネルギーを高めるターメリック・スムージー

「毎食、六味をとるべし」というのがアーユルヴェーダの食ルール。甘味、酸味、塩味、辛味、苦味、渋味の六味です。 アジアの食事はこれら六味が揃っているように思いますが、アメリカ人はあまり苦味に慣れていないようです。かつて、インドのジヴァ...
ピックアップ

9月のアーユルヴェディック・オンラインカウンセリング(9/8, 9/22)

アーユルヴェーダによると、体、心、魂のすべてのレベルでバランスがとれている状態を健康と呼びます。病気とは体と心のバランスを崩した状態と定義しています。人間には本来、崩れた体と心のバランスを取り戻そうとする自然の知性が働いています。それが自...
タイトルとURLをコピーしました